三国昭和倉庫館 (更新終了)

昭和の風景、雰囲気、家電などを展示した「三国昭和倉庫館」の非公認ファンサイトです。
当時の画像をアーカイブとして掲載しています。
※各ページの画像をクリックすると、少し大きな画像が出ます。

昭和の車です。お父さん世代には懐かしいのではないでしょうか。




カッコイイ計器類です

ドアもちゃんと開きます

ドアもちゃんと閉まります

ラッタッタ?パッソル?

これで屋内展示場なんですよ

ちっちゃいバス

小物で演出

運転席

ギブミーチョコレート



よくわかんないです

スポーツカー?

ジャイロXだ!!乗りたいな

3輪かな

ダイハツなのか?

ルパンがカリオストロで乗ってた360?

カローラ



昭和の生活を思い出す展示品です。



ちゃぶ台

 

蚊帳

蚊帳の外 というのは、この中に入れてもらえない状態のことです。

みえーる!

編み機

ヤングのお部屋



24と表示されているのはカレンダーで、180度回転すると1日ずつ進みます。



昔は なぜ、畳の部屋に無理やりデスクを置いたのかな?

この廃れた感じが、なんとも。



ホイルをオブジェクトとして使ってるのは見たこと無いな



田舎では見たことのある釜戸

銭湯で売ってましたね

子供の視点だ

今見ると、目がいってますね(笑

昔のテレビはこういうテレビ

ちょっと汚れていました





洋風と和風が混ざり合ってます





この弁当箱は、、、、懐かしい







実際に人が居そうな、そんな空気です。





昭和を彩る風景や、倉庫館の景観です。



 

へのへのもへじ

なにかの屋台

販売されている昭和味カレー

パチンコ屋さん

石橋さん

帳簿?

いろいろ

なんで撮ったんだろ

憧れの一台

レジ









































































































































































昭和の家電達。未だに動いている物があり、感動しました。



巨人大鵬卵焼き ではありませn



これは、現代でもタマに見ますね

エレクトリックレンジ!電子レンジですね

色調バーが(笑 ありましたねー、これ。

観音開きのレコードプレーヤー

ヘビーなダブルカセットレコーダー

当時の何かのCMでしょうか?

物々しさがカッコイイです

これがブラウン管というやつです

ギャグでラッパーが肩に乗せてるようなサイズです

放映中

何か放映中

これが脱水機だと分かれば昭和人

なんと、稼動していました

ガンバッテネ!!

昔、ワクワクした気持ちが、ちょっぴり蘇りました。





ジュワ!ジュワジュワジュワッ!



これって、良く出来た玩具ですよね。



写っておられるのは平成の子供です





野球盤!  消える魔球はボールです。



弾がコロコロ転がって沈没させるゲームです。主砲なのに、魚雷扱いな点には触れないでください。





これを持っていたら、お坊ちゃんです



このノスタルジィ感。。。。。たまらん。



中盤~終盤の敵(CPU)は、チートです(笑



ああ、楽しかったなぁ



確か、時間性で弾数無制限だったので、ハンドルをバシバシと叩いて打ちまくっていた記憶があります。



子供の目線で、筐体がものすごく高かったのに興奮しました。



後出しジャンケン。これは、この機体への賛辞です(笑



ちょっと前までは、祭りの露天で見かけました。

最近のは、アニメキャラやLEDで華やかでした。







パチンコ系が続きます。









ひゃっはー!材木は乗り物だぁぁぁ! とか言ってそう





偶然入り込んだ タモさんが怖い(笑



憲法苦情の会が見たら、悶絶ですかね?











この辺は、まだ新しいですね。

といっても、昭和ですけど。

ぬこ様です。現在、もう一方は検出しておりません。

福井新聞からの引用

[important]昨年1月に全焼した、昭和の懐かしい品々を展示していた福井県坂井市三国町の「三国昭和倉庫館」が、 同町の東尋坊にある商店街の空き店舗を利用して新たなスタートを切ることになった。オープン時期は未定だが準備は着々と進み、オーナーの加賀宏さん (52)=同市三国町新保=は「復活へ向け後押しをしてくれた方々のおかげ。観光振興の役にも立ちたい」と話している。

同館は加賀さん が、収集した昭和30年代以降の暮らしに身近な品々を並べた展示施設として2008年にオープン。しかし延焼による火事で、建物と2万点の収蔵品はわずか を残して焼失した。加賀さんは深い失意に沈んだが、温かい支援の声に後押しされ復活を決意。あらためてレトロ品の収集を始め、新たな展示場所を探してい た。

復活の場所は、東尋坊の商店街の土産物店だった建物。東尋坊の観光客数が年々減少していく現状に「寂しい思いがあった。魅力アップに少しでも役立てることができれば」との思いからこの地に決めたという。

復活には、市民らの協力が大きな力となっている。加賀さんのもとにはこれまでに、県内外の人たちや岐阜県高山市の「高山昭和館」などから約1500点の品 が寄せられた。加賀さんは「前は自分本位の展示だったが、新施設では提供者の意向を取り入れた展示をしていきたい」と話す。

新施設では、新たに「平成館」を一角に設け、若い世代も楽しめるようにするほか、昭和の生活を体験できるコーナーや昭和の風情漂う食堂も設置する予定。「観光客だけでなく、地元の人にも訪れてもらえる施設にしたい」と力を込める。

現在はオープンに先立ちオグラヤ商事(坂井市三国町)と共同開発した「昭和味ソース」の販売を行っているほか、自動車やオート三輪など一部の品を搬入。通りすがりの観光客がガラス戸越しにのぞき込むなど早くも“好感触”だという。

商店街の店舗からも歓迎する声が多く上がっている。加賀さんは今後、商店街の他の店舗との連携も図り「みんなで東尋坊を盛り上げていきたい」としている。引き続き展示する品の提供を呼び掛けている。問い合わせは加賀さん=☎080(6365)7843。[/important]

 

再開の日付などは未定のようですが、着々と進んでいるようです。

良かった良かった (・。・*

 

ここでは、三国昭和倉庫館の動画を掲載しています。
※これらの著作権などは、投稿者、または三国昭和倉庫館に帰します。

 

 


ぬこ様。 かわいいw


色々


訪問記


いすゞ ライトバス

 

2012/01/15 午後10時10分ごろ 民家から出火し、それが倉庫館に延焼し、倉庫館さんも全焼となりました。

2万点のアイテムが消失したとの事で、筆者としては残念な思いで一杯です。

館主である加賀さんは「再起したい」と言われております(ニュースから)

 

本サイトは、非公認のファンサイトではありますが、再起のその日まで僅かながらでも力に成れればと思い、サイトの運営と公開は継続してゆきます。

昭和倉庫館の一日も速い再起をお祈りいたしております。

よろしくお願いいたします。

 

昭和、しょうわ、syouwa もしくわ shouwa


20世紀、高度成長、貧しさと豊かさの同居した時代
平成の子供たちが知らない時代。


 


そんな時代の一コマが、三国昭和倉庫館にはあります。


過去に帰る事はできません、


でも過去に触れる事はできます、三国昭和倉庫館なら。


 

館長 加賀 宏 氏
〒913-0031 福井県坂井市三国町新保40-12-4
℡0776-82-1935
公式サイトURLhttp://www.fitweb.or.jp/m-syowa/

 

公式サイトから引用———————-
きっと見つかる あなたを元気にする「昭和」のエナジー
汗を流してお父ちゃんが、子を背負ってお母ちゃんが
一生懸命に生きてきた昭和三十~五十年代。
そんな時代を物語るいろいろなモノたちは
懐かしい風景や忘れていた気持ちを蘇らせてくれます。
ここはいろんな昭和遺産をストックした倉庫。
見つけてください、あなたの昭和、あなたの元気エナジー
———————–ここまで

 

展示品情報:テレビほか家電製品や日用雑貨、銭湯・番台、オモチャ屋、自転車屋、遊技場、映画館、自動車、ほか1万点以上
ご入館料: 一般 大・高校生     500円、小中学生     300円、 5歳児以下     無  料
※10名以上 団体割引(お申し出ください)
開館時間:午前9時~午後4時30分入館まで
休 館 日:予定なし
施設:木造平屋建て倉庫面積約710坪、展示スペース面積約500坪
雨の日でも観光できます
販売アイテム:ソース・カレー等

 

 

 

 

 

 

 

今週の日曜(10/02)に 三国昭和倉庫館を見に行って感銘を受け、ファンサイトを立ち上げようと考えて4日。

ようやく、少しばかり、形になるものが出来た。

まだ、画像は羅列だし、向きがあってなかったりするので、修正を進めたい。

でも、まぁ、開設は出来た、という事で一息。